読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

空を飛ぶ夢くらい見ろ

エンタメ備忘録

ひとつめの記事って何を書いていいかわからないよね

雑記

ここ数年余り、Twitterに籠っていることが多かった。楽しいんだよね、あのSNS。おもしろい文章が次から次へと流れては消えていく。消えてしまうのがもったいないから全部追いかける。自分もおしゃべりはそれなりに好きなので、なにかあったら(なにもなくても)、書く、書く、書く。Twitterを指して「脳直ツール」と誰かが表現していたのを拾い上げて、わたしもそう呼んだ。1ツイート140字までという縛りはあるので少しは整形するにせよ、とても素直に発信できるあのSNSのコンセプトがとっても大好きです。しかし保存性というか索引性というか、自分自身の発言でさえあとから引っ張ってくるときにひと手間かかる。それについては少しばかり思うところもあったので、もう少し系統立てて、ひとつの文章を「書く」ことに立ち戻ってみようと思って、今、この記事を書いている。そう言いながら話の組み立てが乱雑なのは、この記事の落としどころをどこにすればいいのか、書きながら考えているからですが。何を書いていいかわからないって最初に言ったでしょ。

そんなこんなではてなブログ1記事め。見聞きした物事と各種エンタテイメントについての記録が主になるでしょう。レビューや感想というほどのしっかりした分量には到達しないと予想するし、また、あえてそうしないと思います。あまり意気込むと重荷になりそうだし、あくまで備忘録という気分です。あ、いや、日記か。まあそれでもいいや。ではではよろしくお願いします。